読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#セトコーヒー

出張カフェのスケジュールや、コーヒーにまつわること書いてます。

セトコーヒーの長めの一日① nakayama coffeeのドリップ教室@アンズ舎

気になる珈琲(アイツ)

日曜日って何曜日だろう。

そもそも曜日ってなんだろう。

曜日の「曜」の字に、ほんとうに、

「ョ」はふたついるのか。

つまり、ふだんと違う日曜日を

すごしたということです。

 

こないだの日曜日、3月10日は、

とても濃密な休日となった。

休日を濃密に過ごすことは、

充実した一日にすることは、

はっきりいってめちゃめちゃ難しい。

人生で休日っていっぱいあるけど、

きょうは良い一日にしようとして、

できた!ってことが果たして

何回あっただろう。

ぼくはことごとく失敗してきました。

そして発見しました。

どんなに白湯みたいな

休日の過ごし方をしても、

一日の締めにうまいカレー食べたら、

なんか良い一日だったーってなることを!

 

まあ「船場カリー」うめぇ!というはなしは

いまは置いといて、

その日の朝、ぼくは早起きして支度して、

燃えるレッドのアルミニウム(自転車)に跨り、

南森町のコーノ・サイフォンの魔術師が居城、

というかカフェ、「アンズ舎」さんへ。

(アンズ舎さん→http://anzucolocolo.blog.fc2.com/

その日、アンズ舎さんでコーヒー教室が

あったのです。

京都・木津川、サルのマークの珈琲屋さん

「nakayama coffee」さんの、

ドリップコーヒー教室。

(nakayama coffeeさん→http://www.nakayamacoffee.com/

アンズ舎さんでの教室は2回目だそうですが、

前回の記事をみて、

どうやらnakayamaさんがハリオの使い手、

スパイラル・マイスターであるらしいと

ぼくが判断して、

これは同じハリオ使いとしてじっとして

いられんぞということで、

軽い腰をひょいとあげたのです。

あ、ハリオというのはコーヒーを

淹れるときに使う銃身のことです。

 

f:id:setosin:20130313012351j:plain

 

しかし要予約なのに

予約をしていなかったぼくは、

コーヒー教室をおこなうテーブルの

すぐ近くの席で見学というか

聴講をきめこむのです。

サイフォン・アイスコーヒーと

マフィンうめぇ!

 

聴こえてくる、コーヒー教室の、

先生と生徒の質疑応答。

コーヒーをテーマにしたスパーリング。

打ちあい。牽制。カウンター。

ためになります。

そう立ち回るのかっ!

 

f:id:setosin:20130313012355j:plain

2杯目をいただく。

アンズ舎ブレンドうめぇ!

ブレンドらしいブレンド。

アンズ舎さんっぽいなあと自然と

思えるブレンド。

熱い銭湯というより、じんわり芯に効く

温泉のようなブレンド。

アンズ舎さんの珈琲豆は

nakayama coffeeさんプレゼンツです。

さすがでげす。

 

ドリップ教室が終わって

nakayama coffeeさんとも少しお話できて、

さすがにお互いのスパイラルを交換……

とまではいかなかったけど、

良い時間を過ごせました。

感謝!

またちゃんと参加したいですね。

 

それから再び、外にまたせてた

赤いアルミボディを駆り、家路へ。

 

コーヒー教室を聴講したあと、

今度はぼくがコーヒーを淹れる番!