読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#セトコーヒー

出張カフェのスケジュールや、コーヒーにまつわること書いてます。

堂山小劇場SOUL MEETING Vol.1

昨日5月11日はライブみにいったー。

今年の3月に、

友だちが主催して行われたライブに

コーヒー淹れに行って知り合った、

どたばた寸劇ジャズユニットTU-KO JA22。

そのTU-KO JA22の

オモチャとコーラス担当にして、

赤いヒールの真心KORG娘ことなかたかおりさんが

ソロライブするってことで、

堂山小劇場で昨夜おこなわれた

「SOUL MEETING vol.1」に行ってきました。

 

f:id:setosin:20130512010552j:plain

かっぺさん。

TU-KO JA22というユニットのときは、

きれっきれのツッコミと

ちんどん楽しい歌とパフォーマンスを

おこなうかっぺさんは今回、

なかたかおりさん、でした。

f:id:setosin:20130512011225j:plain

しっとりのびのある歌声は

空間を包み込むように穏やかに響き、

歌詞はとても優しい。

優しいんだけど、そこに強さとか強い意志のようなものも

全体からあらわれていて、すごく母性的でありました。

歌から伝わる大きなエネルギーの、その質は、

多分に愛情のようなものを含んでいる、

ように思います。

かっぺさんに母性愛のひとという一面を見ました。

気遣い、思いやり、理解……

どれも鋭いツッコミを行うために

必要不可欠なものだものな!

めっちゃ良かったのです。

公式ブログ→

http://s.ameblo.jp/kappe-blog/

 

f:id:setosin:20130512011546j:plain

とかげのわかばさん。

今回はじめてお目にかかる歌い手さんです。

ギター一本、裸足にデニム。

きれいな長い黒髪が、

むしろ妖しい空気をわかばさんに纏わせています。

歌とギターと表情と、そして身体全体で、

そこに彼女の世界をつくりだす。

f:id:setosin:20130512011749j:plain

きりきりと尖鋭で、危うく、破壊的に、

想いを想いのまま発するのではなく、

物語として頭の中から外へと弾き出す。

鬼気迫るとも言えるその様が、

恐ろしくも痛快で、そして、耽美で美しく、

湿りをおびた物語世界の、

空気の温度や感触までも感じられて、

なんか、すごかったです。

テーマは「あくむ」。

そのエネルギーの実体感は、

なんだかしばしの間、

意識を別の場所に攫ってゆくには充分なのでした。

とかげのわかばさん、要チェックや!(カチカチッ)

 

公式ブログ→

http://blog.livedoor.jp/tokagenosoukutu/lite/


公式Twitter

https://mobile.twitter.com/tokagenowakaba

 

f:id:setosin:20130512012158j:plain

そしてこのライブ「SOUL MEETING vol.1」の

ミーティング・マスターにしてトリ!

は、SOUL FIELDのMC-JUNにいさんです。

この方もお初にお目にかかります。

ヒップホップ。

ラップ。

JUNさんは40代からヒップホップをはじめたそう。

それまでも音楽活動はされてたようですが、

その年齢からのヒップホップ。

どこのヒップホップを中心とする

イベントに行っても最年長、と。

それゆえの哀愁、黄昏、背中の大きさが

リリックに乗っかって、ずどんと響きます。

f:id:setosin:20130512012436j:plain

音楽のジャンルの中でもラップはとくに、

言葉そのものに特化したものだと思う。

言葉の意味や響きだけでなく、

その言葉が空間に放たれたときに起こるエフェクトや

意味同士が起こす化学反応、それから、

言葉から意味すら取っ払ったときに残るカタチ、

それらを積み重ねてあらわれるまた異質な反応……

そういう、空間に何かを起こせるちからを持った言葉は、

そのちからは、

それまで生きてきたなかで、自分に、他者に、世の中に、

何度「問い」をぶつけてきたかが肝要になると思う。

ひとや言葉の本質の部分に残るものの

濃さとか純度とかって、

そうして高められてゆくものだと思う。

JUNさんのパフォーマンスからはそういう、

道の険しさや挑みつづけて磨かれる

意志の輝きのようなものを感じたような気がする!

かっこいいぜー!

 

SOUL FIELDさん公式サイト→

http://soulfield.net/

 

LIVEのあと、出演者の3傑とお話できました。

自分そのもので勝負してるひとたちは、

ジャンルは違えど共通の、

肉体的なのとはまた別の、

鼓動の強さみたいなものがありますね。

いつでも必殺の一撃を、

しずかに苛烈に狙っている…!

とかいうとたぶんちがう。

しかし、ぼくは強く惹かれる。

応援だァ!

と同時に、ぼくはコーヒーで対抗します。

 

それぞれの豪傑の今後のスケジュール等は

それぞれのサイトなどご参考に。

そして今回の、

「SOUL MEETING vol.2」を期待しております。

 

ありがとう、かっぺさん、わかばさん、JUNさん。

ありがとう、SOUL MEETING。

ありがとう、堂山小劇場。

観客としてめっちゃ楽しめました。

お疲れさまだ!!