読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#セトコーヒー

出張カフェのスケジュールや、コーヒーにまつわること書いてます。

そろそろアイスコーヒーで勝負に出ます天満ナチュラルマーケット

http://instagram.com/p/oDLb23Ms-L/

5月18日は《天満ナチュラルマーケットvol.23》です。

場所は大阪・天満のお野菜とワインのBAR「てんまのいえ」。

11~17時オープンです。

 

《天満ナチュラルマーケット》は

手作り、自然でやさしいことをテーマにした

マルシェイベントです。

有機お野菜や野菜ランチ、

手作りアクセサリーによもぎのお菓子、

いろんなマッサージがあったり、

筆跡診断や白樺のルーンを用いたリーディング。

来れば何かが起こる。何かが響く。

そういうイベントです。

 

で、セトコーヒーもお呼ばれしてます。

コーヒー淹れます。

 

そろそろいいだろう。

もうアイスコーヒーの季節だろう。

アイスコーヒーは世界的には

あまり一般的ではないという。

たしかにホットだとおいしく感じる味が、

アイスになると弱くなって感じたりもするし、

珈琲のもつ繊細な風味を愉しむには

向いてないのかもしれない。

などというのは、もったいない話で、

アイス、良いではないですか。

風味が弱く感じるということは、

がっしがしのストロングな珈琲豆を

おもいっくそじっくり淹れても大丈夫ということ。

それで丁度いいということ。

えーと、攻撃的な意味ではなくってですね、

ホットだと控えめにしか

ピックアップできない種類の味を、

アイスのときにはスポットを当てることができる。

アイスならではの味がある。

ならではの何かがあるのならそこに意味はある。

アイスコーヒーは決して、

冷やしたコーヒーではないのですよ。

アイスコーヒー用に最適化した

品種のセレクト、焙煎、ブレンド、

抽出をしてつくりだす、

別種の、ひとつののみものです。

今回アイスコーヒー"専用"ブレンドを使用します。

苦みのなかに熟した果実のようなコクをもつマンデリン、

深煎りにしてもなお感じられる

品種そのもののもつ甘みが特徴のコロンビア、

そして、ブレンドに強さと柔軟性をあたえる

野性味という言葉が似合うジャワ・ロブスタ。

のブレンドです。

この組み合わせはなかなかの突破力ですよ。

というのがアイス用。

さて、これに負けないダメ押し的な

ホット用ブレンドも作らねば。

おたのしみに。

 

《天満ナチュラルマーケット》→

http://www.intervalval.com/temmanacyuraru.html

会場「てんまのいえ」→

http://temmadarts.blog86.fc2.com/

大阪府大阪市北区天神橋4-12-9

イーストワール天四2F 右側