読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#セトコーヒー

出張カフェのスケジュールや、コーヒーにまつわること書いてます。

将棋とコーヒー

最近、ちょっと、将棋です。

将棋のルールを知っているだけ。

から、

将棋の考え方を聴いたことがある。

という、位置へ。

えー、まあ、広大無辺で人外魔境人の住む、

将棋世界を、

ほんのちいさな、針の先ほどの穴から

覗き見たような、

ともかく宇宙はめちゃめちゃ広いらしいとか

そういうことはなんとなくわかった。

という位置。

いまはまだ、

ネットやアプリの、初心者向けCPUに、

覚えたての棒銀戦法で勝ったり負けたりしながら

悦に入ってるだけですがね。

 

えー、まあ、

この世の中は基本は2次元で出来ていて、

面とか絵とか背景とか上っ面とか

そういったもので構成されてるようにみえるけど、

周囲にあふれるそれらの、どれかひとつについてでも、

すこーし、ちゃんと興味をもって理解をしてみると、

とたんに、その些細なひとつの面は、

3次元となり、手で触れると、

さらに概念が増えて、4次元となる。

実際の大きさ、質量からは全く計算できない、

怪物とか魔境が出現する。

 

じゃなくて、

わりと何でも、やってみたら奥ふかいよね。

ということだ。

 

少しおおきめに踏み込んでみないと、

まったくわからない次元がある。

 

コーヒーの、とくにドリップの、

そういう領域を見に行きたい。

知れば知るほど、セオリー通りにいかないのですよね。

トライ&エラーを幾万回くりかえして、

その全てを、

「今度こそ常識を蒸発させるような一杯を淹れられるに違いない」

と、くるったように信じながらくりかえして、

気が付いたら、へんな場所に立っていたいな。

 

と、なかなか出来るもんではない。

でも、そういうことをしているひとはきっといて、

たぶん、ぼくはそういうひとの淹れるコーヒーを

飲んだことがあるのかもしれなくて、

なので、いま、ちょっと、出張コーヒー屋なんてやっている。

 

なにかを極めて、その道の魔窟におひっこしして、

気が付いたら鬼になっていて、

んで、そういうひとが提供するなにかに、

ちょっと踏みこんで触れてみると、

いやあ、ほんとうに、

自分のなかのなんらかの

コリにも似た硬めの因子が、

しゅっ、と気化して消えるのだ。

とても気持ちいいことです。

そういう技を身につけたいものです。


   ◇ ◆ ◇ ◆ ◇


コーヒーに関しては、

ぼくもちょっとやっている。

12月20日(日)には

《天満ナチュラルマーケットvol.42》という

マルシェイベントに与します。

それぞれの分野の魔窟人があつまって、

容赦のないほっこりを来た人たちに!

11〜17時です。

よしなに。


《天満ナチュラルマーケットvol.42》

会場「てんまのいえ」

大阪府大阪市北区天神橋4-12-9 イーストワール天四ビル 2F

https://www.facebook.com/events/1674769546137280/